So-net無料ブログ作成
社会復帰大作戦 ブログトップ

裏と表の顔 [社会復帰大作戦]

先週の金曜日、勤務先に派遣会社の担当さんが来て、話をしました。

契約期間内で申し訳ないけれど、今の仕事を辞めたいと伝えました。
これ以上無理をして働いても、体調は悪くなるばかり。
勤務中に倒れたりしては、それこそ会社に迷惑がかかる。
心身ともに限界なので、できるだけ早く新しい人を探して欲しいと。

思ったより早く、次の候補の方が決まりそうだというのです。
早ければ、今週中にも新しい人と交代できるかもというから、正直驚きました。
私は、すぐに後任の人が見つかるだろうか、7月の契約まで何とか働くしかないかと
心配でした。

今日、早速、その新しい人が、勤務先に面接に来られたそうです。
社員さんの話によると、うちの会社の雰囲気に合うのか、かなり微妙~だとか。
その人も、本当にうちで働くか、今の時点ではまだ決めていないそうなので、
どうなることやら。

私は今日も、思い体を引きずって、仕事してました。ふー


派遣の担当さんの言葉が心に引っかかります。
私が気にしすぎなのかもしれないけど、言われた事がかなりショックで。

「今回は、体調が悪いという理由だから仕方がないですが、
今後(辞めた後)、一体どうなさるおつもりですか?」

「週4、5時間の短時間でも体壊して、週3でも仕事ができないようなら、
この先一般事務の仕事をするのは無理じゃないですか?」

「最低でも1年は実務経験がないと、こちらとしても新しい仕事を紹介しづらいですし」

「次の人が決まるまで、精一杯仕事はします。引継ぎもきちんとしますから」
「人に教えて、引継ぎするほど大して長く仕事してないでしょう」

社員さんたちは、それは私への八つ当たりだと言います。
理由は何にせよ、契約期間内で派遣したスタッフが急に辞めるとなると、
営業担当者にとっては、ダメージが大きいそうなのです。
自分と会社への業績評価が下がり、勤務先にも違約金を払わなければならないとか・・・

最初に会った頃の、のんびりとした雰囲気の方とは別人のように、よそよそしい態度に
感じられて、何だかとても怖かった。
やっぱり、怒ってるのかな、私、本当に緊張しましたよ、担当さん。
穏やかな口調でも、目が笑ってないもん。


相変わらず、目の回る忙しい仕事でも、社員さんたちの温かさに救われます。

「ホントに辞めちゃうのー?」
「今度、仕事以外で、みんなで飲みに行こうよ」

「ゆうゆうさーん、お昼、美味しいもの食べに行こうねー♪」

私のほうこそ、ホントに、ホントにありがとう。
この会社で、働けて、優しい人たちに囲まれて、仕事できてよかった。

 


タグ:仕事 日記 派遣
nice!(12)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実務経験なし [社会復帰大作戦]

hinamaturi01.jpg
 
昨日、別の派遣会社に登録に行きました。パートタイムの仕事を専門に扱っている会社です。
働く曜日や時間が選べるのが魅力なので、家庭と仕事を両立させたい主婦の方が多いようです。
 
一般事務に限らず、事務系の仕事は、実務経験があるかどうかが重要視されるんです。
会社が指定したエントリーシートでも、今までの仕事内容やパソコンスキルのレベルを細かく
聞かれました。
 
いくら資格を持っていても、実際に仕事で使えないと話にならない、即戦力になる人材を求めている
企業が多いので、採用する側も敬遠するわけです。
 
ニートや引きこもりだった人が就職活動する時に、立ちはだかる第一の壁が職務経歴書、
第二の壁が、実務経験なし、または社会から遠ざかっていたブランク期間です。
 
私は、大学の4年間と卒業後の4年間、8年のブランクがあります。
書類選考で落とされる可能性は高いし、面接でも、何やってたのかと突っ込まれること必至です。
正社員で働いていなくても、たまに短期のアルバイトをしていた、家業を手伝っていたなど理由が
あれば問題ないですが、本当何にもしてませんでしたとなると痛いです。
 
まずは、短期間でも簡単な仕事や未経験可の仕事があればやってみる、それも履歴書に書ける
職歴だし、すべて今後の経験になっていくら、と、担当者からのアドバイス。
 

ブランクは長ければ長いほど、後で自分が苦しくなる、と現実を突きつけられた一日でした。
でも、経験を積むチャンスはあるのだから、これから始めればいいんだと、もう開き直りました。

 
自分で、あ、これいいと思ったのが、大学事務の仕事なのです。
むだに学生やってった時間が長いので、大学や図書館のように落ち着いた雰囲気が好きで、
安心できるんです。
ですが、大学や学校事務関係は人気が高いようなので、やはり、経験者が優遇されます。
 
昨日、紹介されたのが、子供向け学習教室運営のサポート事務。
英語や教育関係の仕事に就きたいと(昔は)思っていたので、応募してみました。結果待ちです。
今、3つくらいの求人を検討中なので、頭の中はこんがらがって、ぐちゃぐちゃですが、就活を
きっかけに毎日外に出るようになったのはよかったかな。
 
人込みの中にいるのも少しずつ慣れてきました。それでも、足がすくんでどうしたらいいか
分からなくなる時はありますけど。

 急にやることが増えると、あたふたするばかりで、絵を描く余裕もないなあ、と
桜餅とちらし寿司を食べながら思いました。
 

ソネブロがリニューアルしてから、重いし、投稿できないし、どうなってるんでしょうか。
数年前のあの悪夢が再び?という感じです。
私が書いたコメント・・・きれいさっぱり消えましたよ。返せーソネット!

 
 
nice!(14)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

こんにちはハローワーク [社会復帰大作戦]

お久しぶりです。情緒不安定ではありますが、ひどい発作は、あれ以来起きていません。
朝は7時には起きて、パソコン研修に行ってます。

先週、生まれて初めて、ハローワークに足を踏み入れました。
広いフロア一面に、職を求める人、人、人です。異様なムードに包まれています。
生活がかかっているのですから、当然といえばそれまでですが、
実際に、あの光景を目の当たりにすると、圧倒されます。(が、そんなもんだと、すぐに、慣れます)

ハローワークに行くと、ますます気が滅入る、落ち込むという人がいますが、
私は逆に、刺激になりました。失業者の底知れぬパワーを感じます。

求人登録の際、担当してくれた職員は、研修生の若い女性で、とても親身になって
相談に乗ってくれました。

明るく、気さくな人だったので、私の緊張も徐々に解け、友達感覚で話せました。
ここが職安だということを忘れて、何だか楽しかったです。
2時間近く、いろいろな求人情報を探してくれました。

仕事どころか、外に出ていなかった期間が長いのだから、いきなりフルタイムで働くのは無理だろう、
週2,3日から始めて、少しずつ体を慣らしていくのがいいのではとアドバイスを受けました。

自分一人で考えていると、どうしても不安に襲われ、なかなか先に進めません。
でも、人に話を聞いてもらうことで、意外と気分がすっきりしてきます。
今の私に必要なのは、外の空気に触れること、家族以外の人と接することかもしれません。

ハローワークでは、パソコンで求人検索できるほか、相談窓口というものがあります。
(地域によっては、ないところもあります)

心理カウンセリング、税理士、社会保険労務士への相談や、自己分析・自己理解、
履歴書の書き方や面接対策まで、いろいろな支援が受けられます。

全部無料です。役所なんだから当たり前ですが、無料は何よりありがたい。

どんどん活用しよう、派遣会社とハローワーク。

なぜ、突然自立だの職探しをするなど言い出したのか、不思議に思われる方も多いでしょう。
少しずつ、記事にしていこうと思います。

怖いけれど、足は震えるけれど、扉の向こうへ一歩足を踏み出してみる。
ゆうゆうのこれからを見守ってください。


nice!(12)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
社会復帰大作戦 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。